賃貸物件の設備の魅力

TOPICS
このエントリーをはてなブックマークに追加
賃貸物件の設備の魅力

初老の男性の賃貸事情について。

彼は今、60代半ば。自営業を数十年営んでいて、年金支給を機に自営業をそろそろ引退しようかとしているところです。彼は田舎に実の家と、街に賃貸の事務所を構えていて、その事務所は、事務所以外にも第二の自宅として機能しています。

彼は、歳をとったのを機にこの二つの住まいを一本化しようとしています。あなたなら、どちらにしますか?わずかな固定資産税が発生する田舎の家と、賃貸での都会暮らし。多くが田舎暮らしを好み、引退と同時に野菜を作りながらなどと考えながら田舎の家を選ぶ人も多いのではないでしょうか。しかし彼は都会を選ぶといいます。なぜでしょうか。

田舎は「飽きる」らしいのです。スーパーが歩いていける距離にあり、ちょっと足を伸ばせば図書館、病院などをはじめとする公的機関などが近くにあったほうが安心というのです。ただし条件があり、彼の賃貸物件は彼の年金でしっかりと払える範囲におさまっているのです。贅沢さえしなければ。私はこの考え方に賛成です。人の手をなるべくわずらわせないで、人生の余暇を過ごすには街は心地よく、快適なのです。最後を愉しむならどちらがいいのか、40代のうちから考えて人生設計すると、あとであわてなくてすむかもしれませんね。

Copyright (C)2018賃貸物件の設備の魅力.All rights reserved.